住宅改修

超高齢化社会となった現在、介護を必要とする高齢者の数は大幅に増加し、今後もまだまだ増加すると予測されています。

高齢になると、

  • ちょっとした段差でつまづいてしまい、大怪我につながってしまう
  • 昔は昇り降りできた階段が上れなくなってしまう転倒してしまう
  • お風呂で滑って転倒してしまう

など、日常の動作が大きな障害となってしまうケースが発生します。

そんな時こそ、安全に過ごせる住空間へリフォームすることをおすすめいたします!

こんなお困りごとはございませんか?

  • 家の中の歩行が不安
  • 床で滑って転ばないか心配
  • 筋力が弱り、扉の開け閉めが大変
  • 和式便器で足腰への負担が重い
  • バリアフリーにしたい
  • 高齢の両親のために手摺りをつけたい

上記のような状況を改善する工事は、費用の7〜9割が自治体から支給されます。(利用限度額:20万円)
住み慣れた家で自分らしく過ごせるように、そして介護される方の負担も軽減できるよう、お手伝いさせていただきます。

条件

介護保険が適応されるには、以下の条件が必要になります。

  1. 要介護認定で、要支援もしくは要介護と認定されていること
  2. 改修する住宅の住所が、利用者の被保険者証の住所と同一であること。また、利用者が実際に居住していること。
  3. 助成額の限度を超えていないこと
  4. 介護リフォームの支援対象となる住宅改修であること

これら1~4の条件を全て満たす必要があります。4の支援対象は以下に記載いたします。

介護保険が適用される住宅改修

手すり取り付け

歩行に不安のある場合、手すりが必要です。使用される方の身長や、ご希望の高さに合わせて取り付けを行います。
(お風呂場・廊下・階段・台所・寝室 etc.)

床段差の解消

玄関や部屋と部屋の間などをバリアフリーにすることで、車いすでも移動しやすいように改修します。

滑り防止・移動の円滑化のための材料変更

床を滑りにくい素材に変更することで、より歩きやすくなり、高齢者の転倒事故を防止します。

引き戸などへの扉取替え

車いすの方や筋力の衰えている方にとって、開き戸は開けづらいものです。引き戸などへ取替えて、開け閉めを容易にします。

洋式便器への取替え

和式便器での立ち座りでお困りではありませんか?洋式便器への取替えは介護保険が適用になります。お気軽にご相談ください。

補足事項

施工事例

施工事例を見る

ご不明点はお気軽にT'sライトへお問い合わせください。丁寧にサポートいたします。

TEL:03-6478-9038 お問い合わせフォーム

〒178-0065
東京都練馬区西大泉5-17-1 ジュノー・ムカイ101

TEL:03-6478-9038
FAX:03-4283-1158
[営業時間] 9:00〜18:00
[定休日] 土・日・祝日